白髪染め 薄毛 女性

白髪染めは薄毛になる?肌の弱い女性は要注意!

白髪染めって頭皮に良くない?

 

髪にチラチラ白いものが混じり始まると、「染めたほうがいいかな〜」って気になり始めますよね?

 

管理人も今はこめかみに数本だけど白髪があります。もっと増えてきたら染めないと嫌だなって思います。

 

そんな場合、やっぱり気になるのは頭皮への影響のこと。よく白髪染めでかぶれたとか、頭皮がダメージを受けてよけい薄毛になった。とかの話を聞くからです。

 

敏感肌の管理人は、一定の間隔で白髪染めを繰り返すなんて出来そうにないなって思います。


白髪染めでかぶれたり薄毛になったりする原因って?

ドラッグストアとかでよく売っている白髪染めは、1剤と2剤を混ぜて使う方式の白髪染めが多いと思います。これは白髪染めだけじゃなく普通のヘアカラーもそうなのですが、「パラフェニレンジアミン」などの名前のついた「ジアミン系染料」の力で染めています。

 

ジアミン系染料っていうのは、体質的にかぶれを起こす人が一定の割合いるんです。管理人も敏感肌なので、美容室でたまにカラーをしてもらうとめっちゃ痒くなります。(「肌に優しい」っていうのでも痒くなったのでもうやらない)

 

かぶれまで起こらなくても頭皮にダメージを受けるのは間違いないです。「白髪染めの後は毎回ちょっとかゆいな」という状態を放置して、とうとう薄毛になってしまった。というような話も聞きます。

 

また、市販の白髪染めやヘアカラーは、配合されているアルカリ剤で髪のキューティクルを無理やり開いて中に色を入れるので、しっかり色付きはするのですがやっぱり傷みます。

 

加齢で髪がやせて細くなった女性は、パサつきがちでもあります。そんな髪にカラーを入れるためにキューティクルを無理やり開く、なんてことを繰り返していたら傷んでもっとパサパサの乾燥髪になっちゃいますよね。

 

そんな訳で、ジアミン系染料やアルカリ剤が原因で通常の白髪染めやヘアカラーは髪にも地肌にも大きなダメージを与えてしまうんです。

安全で頭皮に優しい白髪染めって?

頭皮へのダメージや髪の傷みが気になる人用に、最近増えてきたのがヘアトリートメントタイプの白髪染めです。

 

ジアミン系の染料ではなく、植物系の染料で染めていきます。キューティクルを開いて中を染めるのではなく髪の表面を染めるので、発色の面ではジアミン系に劣りますが髪を傷めずにツヤツヤに♪

 

トリートメント効果もあり髪を傷めないんです。また、潤い成分をたっぷり含んでいて頭皮をヘアするので育毛ケアにもなるんですよ☆

 

当サイトでは、頭皮に優しくて薄毛女性も安心して使えるトリートメントタイプの白髪染めを紹介しています。良かったら見てみてくださいね(・ω<)

 

 

薄毛女性でも安心!頭皮に優しい白髪染め